api.genkai-shobo.jp
宝島社文庫

私立図書館・黄昏堂の奇跡 持ち出し禁止の名もなき奇書たち


著者:岡本七緒/著
価格:720円+税
刊行日:2021/04/07

出版社:宝島社
ISBN:978-4-299-01557-0
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)


内容紹介

総応募数10,332作品! 第8回ネット小説大賞受賞作!

地下書庫に眠るのは禁帯出、閲覧禁止。異界への扉を開く本--。
名もなき手記に宿る想いは、時空を超えた事件の“鍵”となる。
今、壮大に描かれるビブリオファンタジー!

鬱蒼とした雑木林に囲まれた、町外れの私立図書館・黄昏堂(たどがれどう)。
そこで働く新人司書・湊(みなと)は、怠惰で偏屈な館長・空汽(うつろぎ)や愛猫のクロ、数少ない常連客に囲まれ仕事に励む日々を送っていた。
ある日、館内から忽然と姿を消してしまった来客を捜す最中、空汽に案内されたのは地下書庫の隠し扉。
《永劫廻廊(えいごうかいろう)》と呼ばれる異界へつながる道で、湊は神々や使い魔たちと出会い、やがてある手記に纏わる“時空を超えた謎”を知ることとなる――。
古書に秘められた人々の想いが奇跡を呼ぶ、ビブリオファンタジー。