api.genkai-shobo.jp
宝島社新書

カラー版 鳥獣戯画の世界


著者:上野憲示/監修
価格:1,180円+税
刊行日:2021/03/10

出版社:宝島社
ISBN:978-4-299-00502-1
Cコード:0271
[新書](絵画・彫刻)


内容紹介

日本美術史上、もっとも有名な作品のひとつ、国宝「鳥獣戯画」。

いつ、誰が、なんのために制作したのか? そして、なぜ今日のようなかたちで現代に伝わっているのか?
約100年ぶりに行われた<平成の大修理>によって判明した、驚愕の新事実とは?

本書では、まるでミステリーの謎解きをするかのように、「鳥獣戯画」の真実を徹底“推理”するとともに、
オールカラーで絵巻物の図像もふんだんに掲載。

国宝絵巻の謎に迫る、「読む鳥獣戯画」新書!

【目次】
●『鳥獣戯画』現存甲巻全図

●序章 謎が謎を呼ぶ国宝絵巻

●第1章 『鳥獣戯画』の謎
『鳥獣戯画』とは何か?――国宝絵巻全4巻を観る
『鳥獣戯画』5つの謎――謎に包まれた国宝絵巻

●第2章 『鳥獣戯画』の時代
『鳥獣戯画』成立の背景――絵巻物の黄金時代を追う
白描画と戯画の歴史――密教絵画と『鳥獣戯画』
『鳥獣戯画』と高山寺――『鳥獣戯画』の制作年代を追う

●第3章『鳥獣戯画』の作者を追え!
絵巻物の制作者たち――宮廷絵師と絵仏師
宮廷絵師説の検証――『年中行事絵巻』と『鳥獣戯画』
絵仏師説の検証――作者は鳥羽僧正覚猷か?

●第4章『鳥獣戯画』の動物たち
『鳥獣戯画』にストーリーはあるのか――描かれた動物たちの意味
日本の古典から読み解く――説話で読む『鳥獣戯画』

●第5章 『鳥獣戯画』の真実
断簡と模本の存在――『鳥獣戯画』の失われた絵とは!?
『鳥獣戯画』甲巻は2巻あった!?――上野復原論からわかる真実
平成の大修理が解明した謎――料紙が語る『鳥獣戯画』の真実

●終章 解明された謎