api.genkai-shobo.jp
角川文庫

准教授・高槻彰良の推察 民俗学かく語りき


著者:澤村御影/著
価格:600円+税
刊行日:2018/11

出版社:KADOKAWA
ISBN:978-4-04-107532-6
Cコード:0193
[文庫](日本文学、小説・物語)

人の嘘がわかる耳を持つ大学生・深町尚哉。ひょんなことから民俗学の准教授・高槻の謎調査を手伝うはめに?! 「僕達はこの怪異を解釈しなくてはならない」凸凹コンビが軽快に謎を解く!


調べる
bookmeter.com booklog.jp 借りる
カーリル

内容紹介

「怪異は、現象と解釈によって成り立つんだよ、深町くん」

人の嘘がわかる耳を持ち、それゆえに孤独になってしまった大学生・深町尚哉。
なんとなく受講した「民俗学2」のイケメン准教授・高槻になぜか気に入られ、
怪異に出会うとついテンションが上がってしまう彼の「常識担当」として助手をすることに。

親しくなるにつれて尚哉は、高槻の瞳が時々夜空のような青色に変わることや超記憶能力を持っていることなどを知る。
実は高槻もまた、幼い頃に奇妙な体験をしていたのだ……。

このアパートは、幽霊物件?! 隣の空き部屋から聞こえる奇妙な音の正体は…。
――「第一章 いないはずの隣人」

ふと気づくと、周りにいつも針が落ちている……。これは呪い?それとも…。
――― 「第二章 針を吐く娘」

肝試しに出かけた少女が消えた。しかし数日後、彼女は帰ってきた。足の裏はきれいなままで…。
――「第三章 神隠しの家」

果たしてこの世に「本物の怪異」は存在するのか――?

読まない手はない!今、売れに売れています!
ちょっぴり残念なイケメン准教授と、常識担当の大学生の凸凹コンビが
民俗学の知識を使って、怪奇事件や都市伝説の謎を「解釈」する軽快なミステリ、開講!!!


イラスト/鈴木次郎

もくじ

第一章 いないはずの隣人
第二章 針を吐く娘
第三章 神隠しの家

澤村 御影

search Amazon search honto search 楽天ブックス search TOWER RECORDS ONLINE search 丸善・ジュンク堂書店 search 紀伊國屋書店 search genkai-shobo.jp

さわむら・みかげ/神奈川県横浜市出身、在住。2016年に「吸血鬼と映画を‐憧れの作家は人間じゃありませんでした‐」で第2回角川文庫キャラクター小説大賞・大賞を受賞してデビュー。

Share

Twitter Facebook LINE Pocket